<デビットカードとは>

「デビットカード」は、カード利用代金が利用者の銀行預金口座から「即時」に引き落とされる決済手段です。

そのため、原則的には銀行口座の預金残高の範囲内でしか利用できません。
(総合口座であれば、定期預金による当座貸越の利用が可能です)

クレジットカードと違って、カード会社による立替払いが行われないので、安定した収入が少なかったり、度重なる延滞などによる「信用事故」があるといった理由でクレジットカードの審査が通らない人でも、銀行口座さえ持っていれば持つことが可能です。

日本では現在まで「クレジットカード」がメジャーな存在となっており、「デビットカード」はほとんど利用されてきませんでした。

しかし、海外ではむしろ「デビットカード」のほうが多く利用されているのです。

これは、海外では「クレジットカード」は基本的に高額商品の「分割払い」(いわゆる割賦販売)に利用するものと位置付けられており、「一回払い」を希望する場合には「デビットカード」を使う、という慣行の違いによるものと言われています。

「クレジットカード」を欲しい人は、まず一定期間「デビットカード」を利用して、キチンと決済がされるという「クレジットヒストリー」(信用履歴)を積上げてからでないと、審査が通らない仕組みになっているのです。

この点は、日本と大きく違っていますね。(というよりも、グローバルに見れば日本が特殊な環境となっているようです)

見方を変えれば、日本はデビットカードの有望な未開拓市場とも言えることから、大手国際ブランドであるVISAが、デビットカードの普及に力を入れ始めています。

VISAデビットカードも、やがて「ひとり1枚」という時代が来るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です