デビットカードを作る際、デポジットは必要でしょうか?

デポジットとは「保証金」のことで、カードなどを発行する際に支払う「預かり金」のことですね。

例えば、交通系の電子マネーカードの「スイカ(Suica)」「パスモ(PASMO)」などを発行する際には、デポジットとして500円が必要となりますが、カードを返却すれば戻ってくる仕組みになっています。

一方、デビットカードの場合は、デポジットを要求する銀行は現在のところ見当たりません。

カード発行コストは利用者負担とせず、利用促進のため銀行が負担しているのです。

ただし、紛失や破損など、利用者の過失によるカード再発行の場合には、一定の手数料が発生しますので気を付けましょう。